Ricola ヤロー

ヤロー

語源

ラテン語名の achillea millefolium は「アキレスのハーブ」を意味するギリシャ語の achilleiosに由来します。トロイア戦争のヒーローであるアキレスは、ケンタウルスのケイローンから傷の治癒技術を習いました。 Millefolium は「無数の葉」を意味するギリシャ語の myriophyllonから来ています。

Achillea millefolium
Achillea millefolium

特性

Asteraceae
開花期 5~10月
収穫 花: 5~10月
特徴                    白い花は羊の毛を連想させます。茎と葉は密集して繋がれています。網のような組織を持つ根は土をほぐします
植生 草原、経路と畑の縁、疎な森林、埋立地

レシピ

ヤロースープ (2人前)

ヤローの花と葉を洗って乾かします。大さじ2位の葉を細かく切り刻みます。ヤローの花を摘み、片側に置きます。玉ねぎを切り込んで半透明になるまでバターでソテーします。ヤローの葉に100gのエンドウ豆を加え、5分間ソテーします。20mlの野菜ストックでディグレージングした後、沸騰させてピューレにします。残りのストックに花びら、塩、胡椒を加えます。卵と卵黄を入れたクリーム15mlを泡立て、スープに加えます。再加熱(沸騰しないでください)して仕上げます。