ペパーミント

語源

ペパーミントの学名、mentha x piperitaはまるで数学のようです。そしてこのハーブのハイブリッドな性質を表しています。その遍在性にもかかわらず、17世紀になってようやく発見され広範囲で栽培され始めました。Piperitaは辛く刺激的で深い味を意味しています。

Mentha x piperita

特性

Lamiaceae (labiate)
開花期 7~9月
収穫 芽が出る前のハーブ: 6~7月
特徴 鮮やかな緑色の葉に比べ、赤い色の匍匐枝と茎。
植生 荒野または石灰質土壌、地下で栄養繁殖で種からは成長しません

神話

神々の争い

ギリシャ神話によれば、冥府の神とその妻、そして粉々になってしまった1人の少女がペパーミントを作り出しました。ミンテは川の神コキトスの娘でした。冥府の神であるハデスが彼女に恋をしていることを知った妻のペルセフォンは激怒し、ミンテを粉々にしてしまいました。ハデスは少女のかけらを集め、山に散りばめました。その後、土からミントが出てきたのです。