バーネット

語源

ラテン植物属pimpinella saxifragaはbipinulaという葉の形を表す「二重の羽状」を意味する言葉に由来すると考えられています。Saxifragaは「岩砕き」を意味し、このハーブの特別な力、または栽培されていた場所を指します。

Pimpinella saxifraga

特性

科名 Umbelliferae(セリ科)
開花時期 5~8月
収穫 根:3~4月、9~10月
特徴 牡山羊の強いにおい
生息地 草原、まばらに生えた森林、海抜2000m以下の岩山の斜面

歴史

バーネット:疫病の治療剤に?

中国の朝鮮人参やロシアのエレウテロのように、バーネットはネイティブアメリカンにとっての万能薬・強壮剤でもありました。「ニンニクとバーネットを食べて健康を守る」という中世の先祖たちからの教えのもと、彼らは呼吸を行う周囲の空気を浄化することで、疫病から守られると信じていたのです。